長野投手153球の熱投及ばず!(硬式野球部)

「2020年度 夏季高校野球長野県大会」準々決勝戦は8/5長野オリンピックスタジアムで行われ、母校チームは延長10回「2-3で上田西」に逆転負けを喫した。 中信ブロック大会を3年生だけで戦ってきた母校は、昨年秋の長野県大会優勝校の上田西に対しブロック大会同様3年生チームで対抗したが、最終回2死までの1点差リードを守り切れず同点とさ…

続きを読むread more

中信地区代表で県大会へ(硬式野球部)

「2020年度夏季高校野球県大会 中信ブロック代表決定戦」は本8/2松本・四賀球場で行われ、最終学年の3年生のみで戦ってきた本ブロック大会は終盤相手校の松本深志に追い上げられたが、「3-2で勝利」し中信ブロック代表として県大会準々決勝戦への進出を決めた。 次の試合は8/5(水)に長野オリ…

続きを読むread more

無念!勝利の女神微笑まず(軟式野球部)

雨で1週間順延となった「2020年度 夏季高等学校軟式野球 長野県県大会 決勝戦」は、本8/1(土)大町市運動公園野球場で行われ、母校チームは残念ながら延長12回タイブレークの熱戦の末、惜しくも6-7で上田西に惜敗し優勝は成らなかった。 シーソーゲームとなった決勝戦は中盤以降に試合が大きく動いた。 母校チームは逆転を許し…

続きを読むread more

逆転勝利で「代表決定戦」へ(硬式野球部)

「2020年度夏季高等学校長野県大会・中信ブロック大会」3回戦は、グランド不良により予定より遅れて9時20分から始まった。 【ベンチ入りメンバー(スタメン以外)】 本大会は予てから『3年生で臨む !』との足立監督のお言葉通り、本日の試合もベンチ入り選手20名全員が3年生で編成されゲームに臨んだ。 また、1塁側スタン…

続きを読むread more

決勝戦は8月1日に延期!!(軟式野球部)

『2020年度 夏季高等学校軟式野球 長野県大会』準決勝戦は、本24日大町市運動公園野球場で行われ、母校チームは『9-5で松本工業に勝利』した。 優勝決勝戦は天候不順により延期となり、「8/1(土)」に行われる。 決勝戦の相手校は「上田西」。 コロナ禍により県独自の大会として設けられた『夏季高等学校軟式野球 長野県大会』の覇者…

続きを読むread more

巨人軍・直江大輔投手公式戦初登板!好投!

2018年プロ野球ドラフト会議で「巨人軍から3位指名」され入団した母校出身「直江 大輔投手」は、昨7/19(日)東京ドームで行われた千葉ロッテマリーンズとの「イースタン・リーグ」公式戦に今年初めて登板した。 3回から7回までの5イニングを投げ打者18名に対し、被安打3、奪三振6、四死球と失点及び自責点なし、と好投した。 この試合…

続きを読むread more

投打光り、コールドで快勝!(硬式野球部)

「2020年度夏季高等学校野球長野県大会」は昨18日から松本市四賀球場など県内4地区会場で開幕したが、中信地区第一シードの母校硬式野球部は本日、松本第一と対戦し『9-1(7回コールド)』で勝利した。 先月、足立監督にお聞きした折に「本大会は3年生中心で戦う!」との意向を示されていたが、その考え通り本夏に懸けてきた3年生…

続きを読むread more

望月投手完封!初戦を制す!(軟式野球部)

4日間、2週にわたって繰り広げられる『2020年度 夏季高等学校軟式野球 長野県大会』は本18日大町市運動公園野球場で行われ、母校チームは絶対的エース・望月康平選手(3年生)の好投で『2-0』で実力校「岡谷工」を下し、第1戦を順当勝利した。 この試合は毎回得点圏に走者を置きながら点が取れない味方の攻撃の中、…

続きを読むread more

目指せ!夏の大会!県王者!(硬式野球部)

夏の全国高校野球選手権長野大会の代替大会『2020年度夏季高校野球長野県大会』は連合4チームを含む78チーム(84校)が、県王座を懸け18日から松本市の四賀球場など北信、南信、東信の県内4地区会場で開幕し熱戦を繰り広げる。 中信地区は豊科・穂高商連合を含む『19チーム(20校)』が出場し、A、Bブロックに分かれ県大会準々決勝に…

続きを読むread more

明日開幕! 狙うは頂点!(軟式野球部)

新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止となった全国高校軟式野球選手権長野大会の代替大会『2020年度夏季高校軟式野球県大会』は明18日、大町市運動公園野球場で開幕する。 北信越、全国へと続く舞台は残念ながら叶わなくなったが、高校生活の集大成として、又最後の公式戦となる3年生を中心に長野県王者を懸け県内8校チームによる熱き戦いが始ま…

続きを読むread more

気合入れ 決意新たに!(軟式野球部)

軟式野球部は2週間後の7/18(土)に迫った「2020年度夏季高校軟式野球選手権」開幕を前に、7/5(日)母校グランドで「松本工業」、「愛知享栄」の2校と練習試合を行った。 試合は松本工業に10-0、愛知享栄に8-1と軟式野球では異例とも思われる大差で勝利し、格の違いを見せつけた感がある。 昨年夏の全国選手権で8強入りし、秋…

続きを読むread more

中信大会は最激戦区での勝負(硬式野球部)

「2020年度夏季高校野球長野県大会」の組み合わせは昨3日決定し、中信地区は連合1チームを含む「19チーム(20校)」が出場する。 各チームは長野県大会の制覇を目指しつつ、まずは県大会準々決勝戦に進める「中信地区代表A,B2枠」を争う。 中信ブロックは、昨年秋の中信地区予選で優勝した母校、2位のウェルネス、3位・都市大塩尻、…

続きを読むread more

夏の長野大会組合せ決まる(野球部)

新型コロナウィルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会が中止になったことを受けて、長野県高野連が独自に開催する「2020年度夏季高等学校野球長野県大会」の組み合わせ抽選会が7/3に行われ各校の対戦相手が決まった。 大会は2~4校による連合4チームを加え総数78チーム(84校)が参加し、18日(土)からトーナメント方式で始まるが…

続きを読むread more

夏の代替大会に向け練習再開(野球部)

新型コロナウィルス感染拡大により夏の高校野球選手権(硬式は甲子園球場大会、軟式は明石トーカロ球場大会)は中止されましたが、これに代わる長野県独自の大会開催が決定し13日に長野県高野連から発表されました。 ◎大会内容 ①大会名は「2020年度夏季高等学校野球長野県大会」とし、本大会の優勝校を決めるチャンピオンシップ形式とする。 …

続きを読むread more

男女同時優勝!全国大会組合せ決定!(柔道部)

第42回全国高校柔道選手権 長野県大会が行われ、母校柔道部は男女ともに団体戦を制し、初のアベック優勝を果たしました。 男子は第8回大会の昭和60年度以来34年ぶりに県大会を制する快挙となり、女子は3年連続での全国大会出場となりました。 全国大会は例年日本武道館で開催されますが、7/24からの東京オリンピック・パラリンピックの柔道…

続きを読むread more

米ハワイで自主トレ!原監督が直江投手を熱血指導!

プロ野球・巨人軍の宮崎秋季キャンプで原辰徳監督は、来季2年目の母校出身・右腕 直江大輔投手(19)の投球練習を視察した。 今季イースタン・リーグ登板は3試合ながら、原指揮官が捕手の後ろに立ち熱い視線を送る中、1メートル84のルーキーは最速147キロの直球とカーブ、スライダー、チェンジアップを65球投げ、それをまじかに見た原監督は「…

続きを読むread more

女子会ツアー参加者募集!(女性委員会)

松商学園京浜校友会 女性委員会では会員相互の親睦を図り新たな校友との素敵な出会いを期して、恒例の『女子会ツアー』を計画しました。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。 ◎開催日時:11月19日(火)、11時~16時40分 ◎集合場所:東京駅 丸の内南口 はとバス乗り場 ◎集合時間:10時40分 ◎コース…

続きを読むread more

オール一本勝ちで世界王者に!(柔道部出身・出口クリスタ選手)

来年の東京オリンピック前哨戦である「世界柔道選手権東京大会」は日本武道館で行われているが、母校女子柔道部出身の『カナダ代表・出口クリスタ選手』(113回生、2014年3月卒)は本大会女子57kg級で全5試合全て一本勝と言う快挙で初優勝を飾り、世界一の王者に就いた。 シード選手の出口先輩は、2回戦から登場し初戦はロシア選…

続きを読むread more

遠い1点! 4強ならず!(軟式野球部)

第64回全国高校軟式野球選手権に出場中の母校・軟式野球部は、昨26日に兵庫県の明石トーカロ球場で準々決勝を行い大阪代表の「あべの翔学」と戦いましたが、『2-3』の僅少差で競り負け27年ぶりとなる4強入りは叶いませんでした。 この試合初回2死二塁から宮坂のレフト前ヒットで先制しましたが、その後は相手投手の荒れた球(7…

続きを読むread more

祝・投打かみ合い初戦突破(軟式野球部)

 「もう一つの甲子園!」と言われる「第64回全国高校軟式野球選手権大会」が24日開幕し、兵庫県明石トーカロ球場で開会式が行われた。 地方大会を勝ち抜いた16校が一堂に会し開会セレモニー。 その後明石トーカロ球場(明石市)とウインク球場(姫路市)に分かれ、29日の決勝戦・優勝を目指し熱戦の火ぶたを切った。 初日の一回…

続きを読むread more